読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラーチョコスプレー。

20代後半。日々あることと空想の記録

震源地から離れてるということ 経験の違い

こんばん、あじさいです。

 

 

今日も地震で揺れた。

そこで違和感を感じた。

 

地震に対しての恐怖心がなさすぎる。

あ、揺れてるね。

 

と、小さいから大丈夫でしょと、

変わらずパソコンをカタカタする人たち

 

あぁ

あの日の経験が違うから

こんな感じなのかなと。

 

 

私があの日いた場所は震度6強だった。

海からは離れていたので津波はこなかったが

電気つかない3日くらい

ガスつかない7日くらい

水でない5日くらい?

 

初日は服のまま寝た。

寝てもすぐに余震。

大きな余震。

恐ろしくて寝られない。

 

次の日

近くの湧き水くんでトイレの水にした

あのタンクには水がたくさん入ってて

ペットボトル1、2本じゃ足りなかった気がする

何往復もして水をためた

水が出るまで毎日の日課。

サバイバルだ。

 

お風呂に1週間入れなかった。

今まで知らなかった銭湯がTwitterで拡散されてた

震源地になることが多くて、ガスも止められて使えないままだった。

 

ドラッグストアは3時間待ち。

どこぞのアトラクションのよう。

長蛇の列。

 

なんとか買えたミネラルウォーターは歯磨き用。売れ残り、海外のミネラルウォーターだったんだけど、うちの家族の口に合わなく水がゲキまずだった。

 

携帯も充電切れて使えない。

ラジオから聞こえたのは、原子力発電所がどうにかこうにかなってるようだった。

でも何が起きてるかよくわからなかった。

今住んでるところの他の被害は全くわからなかった。

 

ロウソクの火で夜を過ごした。

 

お風呂も入らない、テレビもない、暗くなれば寝るだけだけど、揺れる。

 

3日後に電気がきてテレビで、

やっと届いた新聞で東北のその全容を知る。

信じられなかった。

 

 

 

今日も揺れてまた思い出した。

ここでこれだけ揺れてたら、きっと私の地元はもっと揺れてるって。

 

転勤して今は実家から200キロくらい離れたとこに住んでる。

だから、ここで結構揺れたら、きっとそうだって。

 

周りは何も思ってない。

あの日もあまり変わらない日だったんだろう。

 

 

今日思った、ここにいたくないと。

一緒にいるのがいやだ。

ここで一人なのがいやだって思っちゃった。

遠くにいる人を心配すること。

それなら同じ場所にいたい。

親には地震があるから戻ってくるなと言われる。

なんかあったときは、今いるところで生き残れと言われる。

いやだ。

 

後1年以内に戻れなかったら、やめる。

会社のために生きたくない。

もう充分いたからいいでしょ。

 

 

記憶を残しておこうと、

そしてこの違和感を吐き出したかった。

 

f:id:writer9140:20170228211359j:image